ネットビジネスとリアルビジネスの違いと共通するポイント!

インターネットの普及で誰でもがお金持ちになるチャンスを掴み取れる時代になりました。
それぞれのビジネスのメリットデメリットを述べ、ネットビジネスとリアルとの共通するポイントについても紹介します。

ホリエモンが唱える4つの条件

ホリエモンこと堀江貴文氏が2010年に発表した「ほぼ確実に成功するビジネスの4つの条件」は、

1.利益率の高い商売
2.在庫を持たない商売
3.定期的に一定額の収入が入ってくる商売
4.小資本で始められる商売

2.の「在庫を持たない」と、4.の「小資本で始められる」の通り、毎月のコストが少ないビジネスであれば資金が途絶えることもありません。
ほとんどのリアルビジネスはお店を開くにしても事業を始めるにしても、開業にはまとまったお金が必要です。

失敗すれば莫大な負債が残ることは目に見えてますね。

でもネットビジネスのような毎月のコストが少ないビジネスであれば赤字になることはほぼ有りません。
モチベーションが続く限り何度でも成功するまでトライすることができます。

インターネットの普及で誰でもがお金持ちになるチャンスを掴み取れる時代になりました。
ネットビジネスの最大の魅力は、事業障壁が下がったことだと思います。

そして、3.の「定期的な収入」が得られるビジネスなら、収入が少なくても財産となって蓄積されていくので、あなたが頑張れば頑張るほど収入が上がっていきます。

この「ほぼ確実に成功するビジネスの4つの条件」は、ホリエモンが最初に財を築いた「ホームページの制作・管理」というネットビジネスの事を指していると思います。

リアルの現実・ファミマを開業しようとしたら・・・

開業には

FCやプランに依って様々ですが、一般的に土地建物をFC本部が用意する場合でも600万円程度かかるようです。”

加盟料は300万円。

月々は土地を用意できるか否かと内装資金の有無で変わってきますが、
ロイヤリティは36%~69%。

加えて
人件費、光熱費、食品廃棄ロスなど・・・

仕入れは売り上げの約60%
さらにローンを組んでいたらその返済と、リアルビジネスの経費は数百万になります。

その点ネットビジネスはかかっても数万円の世界。

ネットビジネスにもビジネス感覚は必須

いくら経費が少なくとも当たり前のことですが、ネットビジネスもビジネスです。

ビジネスの基本は「人に感謝されその対価を得る」こと。

あなたがネットビジネスを始めようとするなら、ビジネスの基本をよく心得ておかないと稼げるようになるまで時間がかかりますよ。

田舎の商店街が閉店によりシャッター商店街になってからかなりの年月が経っています。
彼ら商店主はクルマやネットの普及による変化についてこれませんでした。

それとは対照的にどんな田舎からでもネットによって急成長させた企業も多くあります。
テレビショッピングで有名な、創業30年余りのジャパネットたかたは長崎県佐世保市からスタートしました。

どこで始めるにしても、人に感謝され喜んでもられることを第一に考えて進めることが大事ですね。

まとめ

ネットビジネスのメリット
・スタートする時の初期費用が抑えられる。
・場所や在庫を必ずしも確保する必要はない。

ネットビジネスのデメリット
・稼げるようになるまで時間がかかる。

リアルビジネスのメリット
・労働収入ならやった分だけはすぐに収入になる。

リアルビジネスのデメリット
・店舗、事務所などの初期費用から運営までの経費が莫大にかかる。

ネットでもリアルでも構わないので両方のよいところを理解して、目指すのは権利収入を得られるような仕組み作りです。

お問合せ

“あなた”のお悩みやご質問、ご相談がありましたら
お気軽にご連絡ください。

初心者のあなたのお問合せ大歓迎です。

ネットビジネスは”あなた”の人生を変える
最後のチャンスかもしれません。

お気軽にお問合せください。
お問合せはこちらから