収入を得ながら権利収入ビジネスにシフトしよう

昭和の高度成長期に作られた時代遅れの学校教育では、世界中の情報が直ぐに手に入るネット時代についていけてない。
お金を稼ぐことの本質を隠して労働者だけを育成する教育の矛盾に気づき、収入を得ながら権利収入を得る仕組みも勉強しなおしましょう。

時代遅れの教育カリキュラムと被害者たち

ちゃんと勉強して「少しでも良い大学に行って、少しでも良い会社に入りなさい。」
どこかで聞いたことあるでしょ?昭和の右肩上がりで給料が上がった親の世代の考え方は、今の時代に通用しません。

こんな考えでは経ってもお金の主導権は握れません。有名大学を卒業して一流企業に就職しても年収が1,000万円に届くのはごくわずかです。「少しでも良い大学に行って、少しでも良い会社」くらいの学歴だったら、今のサラリーマンの平均年収は420万円前後です。
それでも正規職員ならマシなほうかもしれません。
平均年収についてはコチラも参考になります。

それに比べて権利収入(自分が作り上げたお金を稼ぐ権利を持てるシステム)を持っていれば、MAX上限がありません。すでに一定金額で決まっている労働収入に対して、理論上は上限無限大というところが、権利収入の最大の魅力といえるでしょう。

労働収入と権利収入の分かりやすい1つの壁

労働収入を得ている業種
小売業
飲食業
会社員

働く人が一人なら労働収入になります。
例えば食堂を店長兼料理長として家族に手伝ってもらいながら行なっていても、店長が倒れたら店を閉めることになるような自営業は労働収入になります。
これは時給が高い開業医も同じ。

権利収入を得ている業種
大家
会費制システム
投資家

大家さんは一度決めれば月々決まった金額が入ってきます。

雇用関係を作ってお店を2軒持ち、二人の店長兼料理長を雇っていれば権利収入になります。

労働収入が有っても権利収入が必要な訳

日本の雇用関係は非常に危ういもので、

日本のローマ研究の第一人者である東京大学の青柳正規名誉教授が、当時の時代背景について説明。「古代ローマにおける奴隷の存在」について聞かれ、こう語った。

「我々は奴隷というと、アメリカにおけるアフリカ奴隷が頭にある。しかし古代ローマの場合は戦争捕虜として、最初は連れられてくるんだけど、非常に貴重な働き手だった」

そのため「生かさず殺さず、子どもも作って欲しいという待遇」だったといい、「今で言えば言葉は悪いけど、ちょうどサラリーマンみたいな存在と考えてもいいんじゃないですか」と話した。

現代でも会社に全てを捧げ、奴隷同然に働く会社員のことを「社畜」というが、21世紀になっても2000年前の奴隷と大して変わらない生活をしているとすれば皮肉な話だ。

さらに平均年収は420万円前後と一人で暮らしを支えていくのも大変。
家庭を作るにはコチラのように相当の覚悟が必要になります。

権利収入には学歴も年齢も性別も関係ありません。誰でも成功できるチャンスがあります。

従来の学校の勉強ではなく、もちろんその成績でもなく権利収入を受け入れる頭の柔軟さが問われます。
多くの権利収入を得ているタレントたちの学歴はコチラも参考になりますよ

「少しでも良い大学に行って、少しでも良い会社に入りなさい。」といった前世代の奴隷のようなシステムにぶら下がっていると、いつまでも経営者に使われる生活のまま、お金が足りない生活のままです。

世界中のことが直ぐにわかるネット時代の今だからこそ、お金の稼ぎ方のスキルが求められているのです。

収入を得ながら権利収入ビジネスにシフトするのがベスト

権利収入にチャンスが有るとはいえ、今の仕事を辞めてまで始めるのは無謀です。

最初は労働収入を得ながら、権利収入を得る方法も併用して試行錯誤を繰り返しましょう。

これならという方法を見つけ現在の収入を超えてから、また次のステップを考えるのが賢明です。

お問合せ

“あなた”のお悩みやご質問、ご相談がありましたら
お気軽にご連絡ください。

初心者のあなたのお問合せ大歓迎です。

ネットビジネスは”あなた”の人生を変える
最後のチャンスかもしれません。

お気軽にお問合せください。
お問合せはこちらから